一定の審査基準を満たした方だけが持てるようになるイオンゴールドカード

選ばれた人しか持てないステータス

 

イオンゴールドカードは、イオンカード会員の中で一定の審査基準をクリアした人が持つことのできるカードです。イオンからインビテーション(招待)を受け取ることにより資格が与えられます。他社のゴールドカードのように自分で申し込むことはできません。あくまで、イオンによる一定の基準を満たした人のみが持つことができる特別なカードなのです。

 

審査基準はどのぐらい厳しい!?

イオンゴールドカードの審査基準は以下の通りです。

 

1.直近の1年間でイオンカードの利用金額が100万円を超えている。
2.イオンカードに入会してからの利用額の累計が500万円を超えている。
3.直近の1年間の利用件数が120件以上であり、利用合計額が80万円を超えている。

 

これが、インビテーションを受け取るための目安になります。もちろん、上記3つの全てを満たす必要はありません。どれか1つを満たしていれば、かなりの高確率でインビテーションが届きます。

 

年齢審査や年収等の審査は無い

他のゴールドカードと異なり、イオンゴールドカードには、年齢審査や年収等の審査はありません。また、いったんイオンゴールドカードが発行された後は、利用額が上記の審査基準以下であっても、ゴールドカードがそのまま更新されますのでご安心ください。

 

イオンゴールドカードにアップグレードできるカードは、イオンカードのみです(2013年4月現在の情報)。イオンの発表によれば、イオンカード(WAON一体型)やイオンSuicaカード、イオンJMBカード、イオンスマートペイカードといった人気のイオンカードについては、今後対応していくとのことです。

 

イオンゴールドカードの年会費は永年無料です。ゴールドカードの名がついていて、年会費が無料なのはイオンゴールドカードのみです。年会費は無料でも、特典は素晴らしいものばかりです。是非目指してみてはいかがでしょうか。

 

イオンゴールドカードならではのオリジナル特典

・毎月20・30日の「お客様感謝デー」には、買い物代金が5%オフになる。
・毎月5・15・25日の「お客様わくわくでー」には、WAONポイントが2倍付与される。
・毎月15日の「G.G感謝デー」(55歳以上の会員限定)には買い物代金が5%オフになる。
・毎月10日の「ときめきWポイントデー」には、ときめきポイントが2倍付与される。
・イオンのVIP・ゴールド会員専用ラウンジを無料で利用可能。
・全国のジャスコ、マックスバリュの直営店にて、カウンセリング化粧品が割引価格で購入可能。
・クレジットカードの限度額が100~200万円である(通常は50万円)。
・最高3000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯する(通常は1000万円)。
・免責0円のショッピングセーフティ保険が付帯する。
・羽田空港の空港ラウンジを無料で利用可能。

 

イオンゴールドカードの注意すべき点は

イオンゴールドカードを入手するために注意すべき点は2つあります。
1つは、イオンカードからしかインビテーション(招待)されないという点です。
そして、もう一つは、どんなに早く入手しようとしても、審査基準を考慮すると最低1年は要するということです(通常のイオンカードを1年間利用して、その利用金額をもとに審査されるためです)。
イオンゴールドカードの取得を目指される場合には、これら2点を考慮しておくべきでしょう。

 

使い勝手は?

イオンゴールドカードのサービスは、低年会費のゴールドカード並みと言えます。空港ラウンジの無料利用は羽田空港のみとなっていますが、海外旅行保険、国内旅行保険は充分なレベルにありますので、ゴールドカードとしての基本的機能は備えていると考えてよいでしょう。

 

イオンでのお買い物の多い主婦の方には、イオンラウンジの無料利用という点でお薦めできます。ラウンジにはフリードリンクがついていますので、お子様連れでの買い物でお疲れになった場合などに是非、御活用ください。

 

公式サイトへ行く(ネット申込みできます)

イオンゴールドカードの全てがわかるまとめ -おすすめクレジットカード比較【最新版】関連ページ

イオンカード(WAON一体型)
イオンカードセレクト
イオンSuicaカード
イオンスマートペイカード
イオンJMBカード
コスモ・ザ・カード・オーパス

このページの先頭へ戻る