どうやってクレジットカードが生まれたのか?その理由は?

クレジットカードの歴史は、1950年から始まりました。まだまだ歴史的には新しいものになります。

 

クレジットカードが生まれたきっかけは、ある企業の経営者がレストランでお金を忘れてツケで支払ったことから生まれたと言われております。
当時はコンピュータも今みたいありませんでしたが、お金を持ち歩かなくても買い物や飲食ができると便利だという考えとお財布を忘れたことをきっかけに現代のクレジットカードが生まれました。

 

今はクレジットカードでお買いものをするとCATやレジのカードリーダに通すとカード会社のサーバーにアクセスされて、ご利用限度額の照会からご利用可能額の照会もされてお買い物を簡単にすることができます。

 

クレジットカードが生まれた当初は、分割払いなどはできずに一括払いのみのご利用が可能となっていました。今は分割払いも可能で、ほとんどのクレジットカード会社では2回払いまでは金利無料となっていたり、低金利でリボ払いなど最近のカードでは色々な支払方法がございます。

 

これもコンピュータが便利になってきているからです。今でも使用されている店舗もございますが、昔はほとんどのお店がクレジットカードの番号を紙に記入してから、クレジットカード会社に承認番号の確認を行い利用する方法が主流でした。

 

最近はCATやPOSレジに通してリアルタイムで使用できる店舗が多く主流になっております。クレジットカードが生まれて、まだ60年ほどですが、クレジットカードの歴史の中では猛スピードで便利な運用方法になってきております。ですので、これからのクレジットカードがどういう風に進化していくか楽しみですよね。


このページの先頭へ戻る