あなたはわかる?クレジットカードの仕組みとは

クレジットカードは入会時に簡単な審査があり、審査に通った方だけが持てるカードになります。このクレジットカードの仕組みは簡単にいいますと、信販会社がお買い物先へお金を立て替えてもらう仕組みとなっています。

 

クレジットカードには、会員番号と本人のお名前が書いてあり、カードの裏には本人直筆でお名前を書くようになっております。クレジットカードをご利用されるとクレジットカードの信販会社が手数料を差し引いた金額をお店に支払いクレジットカード会社からカード使用者に対して、1か月に一度前月にご利用した金額を使用者に請求します。

 

クレジットカード会社は、使用者からお金を支払ってもらえるまで、立て替えている状態ですので、一定の日数を超えた支払方法(分割払い3回から)ですと金利が加算されます。クレジットカード会社は、この金利で成り立っていっていますので、最近はクレジット会社でリボ払いなどをするとポイントが何倍にもなるキャンペーンなども行っている信販会社もございます。

 

クレジットカードでは、国際的に5つのブランドがございます。
VISA、JCB、Master card、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubの5つになります。
各カード会社は審査に通りやすい、通りにくいがあります。

 

ですが、クレジットカードの仕組みは同じですので、どのカードでもご利用限度額を超えない額でご利用できます。
クレジットカードの仕組みは、ご利用される方と信販会社との信用取引ですので、過去に未払いなどの遅延などもなく普通にお仕事されている方ならどなたでも持てますよ。

 

ですので、急にお金が必要になった時などは大変便利で一人一枚はクレジットカードを持つ時代にまでなっています。


このページの先頭へ戻る