クレジットカードのセキュリティーコードについて

最近は便利な世の中でEdyやSUICAなどの電子マネーをクレジットカードで利用するときにセキュリティーコードの入力を最初に行わないといけない時があります。

 

「セキュリティーコード?そんなのあったの?」と思う方がいるかと思いますが、多くのクレジットカード会社のクレジットカードでは、裏面の署名する所の右上か右下あたりに4ケタと3ケタに分かれた番号が掲載されております。

 

その3ケタ側の数字がクレジットカードのセキュリティーコードとなります。
このセキュリティーコードは、大切な番号でインターネット上で取引を行う際に入力しないと使えなかったりする場合も最近ではあるようです。

 

どこの会社もセキュリティを強化していますので、ほとんどのクレジットカードに記載されていますが、ごく稀にセキュリティーコードの記載がないクレジットカードもあるようです。

 

セキュリティーコードの記載がないクレジットカードの場合は面倒ですが、クレジットカード会社にお問い合わせください。
セキュリティーコードを教えてもらえます。

 

セキュリティーコードの記載の場所ですが、AMERICAN EXPRESSカードのみ特殊となっております。
他のクレジットカードは裏面に記載されていますが、AMERICAN EXPRESSカードの場合は表面のクレジットカード番号が刻印さえている右上あたりに小さく4ケタで表示されているのです。

 

他のカードは裏面に3ケタですが、AMERICAN EXPRESSカードは4ケタですので、注意してください。
いずれのカードもご利用されていると汚れたり擦れたりして、セキュリティーコードが見えなくなる恐れもありますので、その際はカード会社にお問い合わせください。


このページの先頭へ戻る