格式高いダイナースクラブカード

■歴史あるダイナースクラブカードとは
ダイナースクラブカードといえば、歴史とステータスを兼ね備えた一度は持ってみたいと憧れるクレジットカードです。ダイナースクラブカードの始まりは1950年のアメリカに遡ります。ある紳士が食事中に財布を忘れてしまったことがきっかけで、二度と気恥ずかしい思いをしたくないという意向から、後払いで食事ができるクラブを友人と作ったのがきっかけです。

 

それがダイナースクラブの幕開けとなり、世界で初のクレジットカードとして発行されたのもダイナースクラブカードでした。
現在普及されているVISAやMasterに比べると発行枚数は10分の1程度ですが、このような歴史ある背景と高いステータスは未だに健在で、ダイナースクラブカードの一般カードでも、ゴールドカードを持っている以上にステータスがあります。ですから入会の審査基準ももちろん高く、また年会費も高額なので、このカードを持てる人は限定されているようなプレミアムなカードでもあります。

 

しかし、最近の傾向ではそんな審査基準も少し見直され、カードが利用できる場所も超がつくほどの高級な料亭や店舗だけではなくなってきたようです。日本国内でダイナースカードを発行しているのは、シティカードジャパンです。旅行や様々なアクティビティ、エンターテイメントを楽しむために充実したサービスが付帯しています。自動付帯されている保険もゴールドカード並みのレベルを誇っています。

 

そもそもは、食事で利用するために作られたカードですから、一見さんお断りのような高級料理店でも、ダイナースクラブカード会員であれば利用できるというサービスもあります。ステータスが高く、誇り高いダイナースクラブカード、一度は利用してみたいと誰もが憧れるカードであることは間違いありません。


このページの先頭へ戻る