入会審査の基準

クレジットカードの入会審査において、世間一般的にクレジットカードが発行されやすいと考える人物像は、次のような人ではないでしょうか。医者や弁護士などの社会的貢献度や地位の高い職業、もしくは上場企業や有名な会社に勤める会社員で、年収が平均よりも高く、かつ、家や高級車などを所有している人。

 

もしくは、公務員のように、倒産などの心配がなく将来的に安定した収入が見込める人。このような立場の人は、単にカードの発行がされやすいという印象だけではなく、限度額も高く設定されているという印象を持ちます。

 

これとは対照的に、審査が通りにくかったり、限度額の低そうな人物となると、日雇い労働者や、パートやアルバイトなど安定した収入が見込めない働き方や、自由業などを営んでいる人、と想像します。

 

これらは全く間違っているわけではありませんが、クレジットカード会社は職業や収入だけを見て、入会審査をしているわけではありません。

 

それぞれ独自の審査基準というものはあるにせよ、クレジットカード会社が見ているのは、その人の信用力なのです。

 

その信用力の有無を判断するために、共通して考えられているのが、<3C>に基づく判断基準なのです。

 

3Cとは何か

入会審査の基準となる信用力
その信用力の有無を判断するためにクレジットカード会社が見るのは、3Cだという事はわかりました。

 

では、その3Cとは何を指すものなのでしょうか。

・Capacity(支払い能力)
資力という意味の英語です。
一定の収入が見込め、安定して返済する能力があるのかどうかを見極めるため、資力を調査します。入会審査において、もっとも重要視される部分です。

 

・Character(誠実さ)
性格を意味し、決められた日に返済するか、約束事は守るかなど、真面目さや誠実さを見ます。信用力という部分においては、とても大事な部分です。

 

・Capital(資産)
資産を意味し、借入時の担保の有無を確認します。
つまり3Cとは、この3つの英語の頭文字を取ったものになります。職業や年収なども大切ですが、クレジットカード会社は、申し込み者の性格までもきちんと見て、総合的に判断している事がわかります。

 

一流企業に勤務ではなくても、勤続年数が長かったり、貯蓄があればクレジットカード会社は決して門前払いはしないという事です。


このページの先頭へ戻る