“ブラックリスト”の存在とその真実

金融に詳しくはないけれど、「ブラックリスト」という言葉は知っている、という人は非常に多いです。けれども実は、「ブラックリスト」という書類が実際にあるわけではありません。とはいえ、実在しないものというわけでもない、というのがブラックリストの誤解されやすいところです。

 

ブラックリストとは一体どういうものなのでしょうか?

俗語としてのブラックリストは、「ブラックリストにのる」というひと続きのセンテンスで理解するとわかりやすくなります。「ブラックリストにのる」=「信用情報に事故情報が記録される」ということ。リストがあるのではなく、実際には自分の情報に、返済遅れや債務整理などの、融資を受けたり、クレジットカード利用をしたりする上で問題となる行動をした、ということが「記録される」仕組みになっているのです。

 

クレジットカード会社は、カードの申し込みがあると、信用情報機関に問い合わせを行い、その人が「ブラックリストにのっていないか」どうか、つまりその人の信用情報に「事故情報が記録されていないか」を確認し、クレジットカード会社によって多少の判断の幅はあるものの、事故情報が記録されている場合には「審査に落ちる」ことがほとんどです。

 

返済遅れで「ブラックリストにのる」のはどれくらいから?

クレジットカードの返済遅れを例にとると、支払うはずだった日から3ヶ月たっても入金がないと、「延滞」となって、事故情報が記録されてしまいます。

 

「ブラックリストにのる」とどういう影響があるのか

ブラックリストにのっている=事故情報が記録されている間は、クレジットカードを作ることは基本的にできません。ただし事故情報は永久に記録されるものではなく、延滞なら5年、官報に掲載される自己破産で7年から10年程度を経過すると消去されます。

 

「ブラックリスト」関連のFAQ

Q返済遅れでブラックリストにのってしまっても、返済すれば消去される?

事故情報が記載される前に返済すれば、そのままに事故情報は記載されませんが、3ヶ月を過ぎ、1度登録されてしまった事故情報は、追って返済を行なったとしても、各信用情報機関で定めている期間中は消去されずに残ります。信用情報では「1回くらい返済に遅れても大丈夫だろう」といった気のゆるみが長年影響することになる、ということを頭にいれておきましょう。

 

Q自己破産した場合のブラックリストの扱いは?

事故情報の中でも、自己破産は最大のものといっても過言ではありません。一般的に7年以上といわれていますが、10年残す信用情報機関もあります。

 

ブラックリストにのったことで家族に影響が出たり社会的に知られたりすることはある?

一般レベルの調査に信用情報が利用されることはないので、例えば就職する際に不利になる、といったことはないと考えていいでしょう。また、自分の信用情報に事故情報があるからといって、親や配偶者もその事故情報によってクレジットカードを作ることができなくなる、というようなこともありません。
ただし、家族カードを作る、収入のない配偶者がカードを作る、といった場合には作ることは難しくなります。

 

1度ブラックリストにのってしまったら2度とクレジットカードの審査には通らない?

先にご説明したように、事故情報は一定の期間をこえると消去されます。が、事故情報が記録されている間はクレジットカードの審査に通ることは困難だと言わざるを得ません。アコムマスターカードのように、審査が柔軟なクレジットカードもありますが、クレジットカード代金の支払いは期日にきちんと行なわれるよう、普段から心がけておきたいものです。


このページの先頭へ戻る