審査の通りやすさはクレジットカード会社によって差がある

クレジットカードの審査に通った、または落ちた、という話だけをきいていると、クレジットカードには「一定の審査基準」があるように思われるかもしれません。けれども実際は、全てのクレジットカードの審査基準が同じなのではなく、クレジットカードを発行している会社によって、その基準は変わってきます。

 

クレジットカード発行会社の種類を知る

今や、社会人だけでなく、学生を含めてほとんどの人がクレジットカードを持っている、という時代になってきました。クレジットカードというと、VISAやMaster、JCBなどの「ブランド名」や、ゴールド、プラチナなどの「ランク名」が先行しがちですが、審査基準の違いを考える上では、付帯ブランド名やカードそれぞれのランクよりも、まず発行している所がどこなのか、ということからみていく必要があります。

 

発行会社の系統によるクレジットカードの分類

銀行系の発行会社 三井住友、三菱東京UFJといったメガバンクの他、千葉銀行、横浜銀行、静岡銀行等の地方銀行、イオン銀行等のネットバンクもクレジットカードを発行しています。
流通系の発行会社 セゾンや旧ダイエーグループOMCのセディナ、旧マルイカードのエポスなどが有名です。
信販系の発行会社 近年UFJに吸収合併された旧NICOSの三菱UFJニコス、オリコの略称でおなじみのオリエントコーポレーション、日本総合信用と東京総合信用が合併したクオークなどがあります。
鉄道、消費者金融、メーカーなど View SuicaのJR東日本、アコム、NTTなどもクレジットカードを発行しています。

 

各クレジットカードの審査の通りやすさ、通りにくさ

・銀行系カード
ステータスでいえば銀行発行のクレジットカードがもっとも高いといっていいでしょう。三井住友VISAをはじめとして、憬れのクレジットカードが揃う系統です。その分審査は厳し目になっているので、ある程度勤続年数が立ってから申し込みをするか、まずはデビューカードのように学生でも加入できるランクの低いものに入り、更新によるランクアップを狙うといいでしょう。

 

・流通系カード
クレジットカードのポイント還元が注目を集めている昨今、普段のショッピングで効率よくポイントをためることができる流通系発行のクレジットカードは人気が高くなる傾向にあります。審査については銀行よりは柔軟性があると一般的には言われていますが、勤続年数は2、3年あったほうが受かりやすいようです。また、店頭で加入販促をしているような時は受かりやすいという話もあるので、そういったチャンスを狙うのもいいかもしれません。

 

・信販
審査基準は厳し目です。ですが、今までに延滞などの事故情報がなく、勤続年数が3年程度ある、信用のある会社に勤めている、といったように審査ポイントが積み重なれば、審査に通る可能性は非常に高くなります。

 

・消費者金融
消費者金融のクレジットカードというと、あまりよくないイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、アコムマスターカードは一見して消費者金融のものとわかるようなデザインではなく、Masterのブランド名が前面に出たデザインです。

 

消費者金融のクレジットカードは、ここまで挙げた銀行、流通、信販のどれよりも審査に通りやすいので、他のクレジットカードで審査に通らなかったけれど、クレジットカードは欲しいという時には、申し込んでみる価値はあるでしょう。

 

以上、なかなか奥の深いクレジットカードの審査基準ですが、自分の状況と照らし合わせて、最適なカードを選ぶ参考にしてみてください。


このページの先頭へ戻る