どうしてクレジットカードの審査に通る人と通らない人がいるのか

何度申し込んでも、どこに申し込んでもクレジットカードの審査に受からない、とお悩みの方はいませんか?クレジットカードの審査に通る人と通らない人がいる、ということにはちゃんと理由があります。まずはその理由を解明して、対策を立てることからはじめてみましょう。

 

あなたがクレジットカードの審査に通らない理由とは?

書類の記入や申し込み内容に不備がある

クレジットカードの審査は、申し込み者の信用度が高いか低いかを見極めるものです。クレジットカードはいわゆる「ツケ」の状態でショッピングをするわけですから、先に立て替え払いをするクレジットカード会社としては、きちんとその代金を期日通りに支払ってくれる利用者でなければ、安心してクレジットカードを発行できないわけです。

 

書類に不備があって本人確認がとれない、どうも虚偽の申告をしているようにとれる、記入漏れがひどい、ということでは、到底信用のある人物としては認められません。

評価点数が足りない

例えきちんと必要事項の記入、入力を行なったとしても、個人情報から「支払能力がない」と判断されてしまえば、当然審査には落ちてしまいます。その判断材料となるのがスコアリングと呼ばれる点数制度。勤続年数はどうか、いくらくらいの収入を得ているか、持ち家に住んでいるのかそれとも賃貸住宅に住んでいるのか、といったことが項目別に点数化され、項目別の必須点数をクリアしていること、そして合計の点数が審査合格基準点以上であること、の2つが揃えば、晴れて審査に通ることができる、という仕組みになっています。

カードローン等の借入が複数ある、支払い遅れがある

融資を受けたり、クレジットカードを使用したりした情報は、個人個人の信用情報として、専門の期間に登録、保管されています。クレジットカードの申し込みをすると、クレジットカード会社は申し込み者の信用情報を照会という形で閲覧し、信用の面で問題がないかどうかを判断する材料にします。そこで問題になってくるのが、複数の借入や支払い遅れです。

 

【複数の借入】

いわゆる多重債務と呼ばれる状態です。現在融資額については、消費者金融等からの借入は年収の3分の1までが限度とされています。クレジットカードは融資ではありませんが、複数の金融業者から限度まで借入がされていて、まだ返済が終わっていない、というような状態では、クレジットカード審査に通ることは難しいでしょう。

 

【支払い遅れ】

以前にもクレジットカードを持っていた、もしくは現在持っているという人は、過去の使用歴について振り返ってみましょう。クレジットカードの引き落とし期日に支払いができず、文書や電話での督促を受けた、という経験はありませんか?

 

延滞は、例え今は支払いが終わっている、という状態であっても、延滞した事実が信用情報に残っていれば、新たなクレジットカードの契約は厳しいです。

 

ただ、クレジットカードは発行者の系統によって審査の難易度が大きく違います。アコムマスターカードのように消費者金融発行のクレジットカードは、銀行や信販系のカードの審査に落ちた人でも受かるケースもあるようなので、もしまだ申し込んだことがないということならトライしてみるのも手です。"


このページの先頭へ戻る