ボーナスマイルでマイルがザクザク貯まる、JALカードCLUB-A

JALのマイレージを貯めるならこのカード

 

日本国内最大手の航空会社日本航空(JAL)が提供するクレジットカードがJALカードCLUB-Aです。提携ブランドは、DCマスターカード、DCVISAカード、JCBカードTOP&ClibQ、OPクレジットの中から、自分のライフスタイルにあった1枚を選ぶことができます。普通カードに比較して、ひとクラス上の機能とサービスを兼ね備えているのがJALカードCLUB-Aです。

 

JALカードCLUB-A最大の特徴は、JALのマイレージが貯めやすいことにあります。JALグループ便の入会後初回搭乗で5,000マイル、翌年以降毎年初回搭乗時に2,000マイル、搭乗ごとに区間マイルの25%のボーナスマイルが加算されるほかに、ショッピングでは200円で1マイル、JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会すれば、100円で1マイルのマイレージが貯まります。

 

そしてJAL/JALウェイズ/JTA/JEX機内販売の10%割引や、成田空港免税店での割引、国内空港店舗での割引、JALホテルズ割引・特典などの各種割引がJALカードのオリジナルサービスとして利用できるほかに、最高で5,000万円の海外・国内旅行傷害保険や海外での無料日本語緊急医療サービスも自動付帯されています。海外旅行に頻繁に行く人には、なくてはならないカードがJALカードCLUB-Aなのです。

 

家族カードのマイルが合算できる

家族カードを利用することで、それぞれのカード利用で発生したマイルを合算することができます。通常のマイレージサービスでは、たとえ家族であっても、マイレージの合算は認められないので、これはマイレージを効率よく貯めるには、良いサービスと言えます。

 

ボーナスマイルが充実

JALカードCLUB-Aは、フライト毎につくボーナスマイルが充実しています。入会後発搭乗では5,000マイルがプレゼントされ、毎年初回の搭乗では2,000マイルのボーナス、そして搭乗毎のボーナスは25%が加算されます。このボーナスマイルの加算率は、通常カードに比較してかなりのものです。ある程度のJAL便の利用がある人ならば、年会費分は、簡単に元が取れるようになっています。

 

旅行傷害保険が自動付帯

JALカードCLUB-Aには、国内外の旅行に対する旅行傷害保険が、自動で付帯されています。これは旅行代金の決済に、JJALカードCLUB-Aを利用しなくても適用されます。その補償額の最大は5,000万円と十分で、普通カードに付帯する死亡・後遺障害・救援者費用にほか、賠償責任や傷害・疾病治療、携行品損害まで補償の対象になります。海外旅行に行くたびに、保険に入る必要がなくなります。

 

医療相談サービスも無料

海外で急病やケガをしてしまった時、お金の心配とともに、どこの病院へ行けば良いか分からないといった心配もあります。JALカードCLUB-Aには、24時間の無料海外・国内医療健康相談サービスが付いています。海外旅行の最中なら、健康相談に加えて、医療機関の紹介に、11か所にある直営クリニックの予約までしてくれます。

 

エグゼクティブカウンターでのチェックインができる

もしかしたら、このサービスが一番うれしい人もいるかもしれません。それはエグゼクティブクラスの利用でなくても、JALカードCLUB-Aを持っていれば、エグゼクティブカウンターでの搭乗手続きが可能なことです。空港のチェックインで、長時間並んで待たされることは、珍しいことではありません。しかしJALカードCLUB-Aならば、スムーズなチェックインが可能になります。出張や旅行によく行く人ならば、このサービスは嬉しいものでしょう。

 

免税店などでは特別割引

成田空港内の免税店JAL-DFS、NAA&JAL-DFS、JAPAN DUTY FREE、Fa-So-La DUTY FREEの各店舗におけるショッピングで普通カードなら5%割引のところ、JALカードCLUB-Aならば10%の割引を受けることができます。そして機内販売や空港内のJAL直営店BLUE SKYでの買い物は、割引率は5%ですが、マイルが2倍つくようになっています。

 

手荷物宅配優待サービスもあり

提携ブランドがVISAカードの場合、手荷物宅配優待サービスがあります。成田空港と羽田空港の国際線ターミナルを対象に、個数無制限で1個あたり500円の料金で利用できます。またマスターカード提携のカードの場合は、成田空港、関西国際空港、羽田空港国際線ターミナル、中部国際空港の各空港から自宅までの荷物の配送が500円で利用できます。

 

公式サイトへ行く(ネット申込みできます)


このページの先頭へ戻る