空も陸もこれ一枚!JALカード(Suica)

JALマイラーでSuicaを使う人向けの最強クレジットカードはコレ!

 

ほとんどの方々にとっての公共の交通・移動手段といえば、まず1番先に思いつくのは陸上交通、こちらは電車やバスのことですが、次に思いつくなら航空、つまり飛行機のような空の交通となりますね。ご自身で自動車を運転される方にとっては陸上交通の代表はマイカーとなりますが、その場合遠出の際には高速道路料金がかかるケースがあり、これは無視できない出費となりますね。

 

このJALカード(Suica)というクレジットカードは、上記したような交通手段を幅広くカバーして、それらをお得に利用できるようなメリットを搭載した移動・交通手段の利用の多い方に是非お薦めのカードとなります。

 

このJALカード(Suica)は、カードの名称があらわしているとおりSuicaの機能をもったJALカードということになります。Suicaは広く普及している非接触型電子マネーですが、元々はJR東日本の運賃精算のために開発されたものなので今でも電車の乗り降りに使う人が一番多いです。

 

このカードはそのための便利な機能であるオートチャージを使うことができます。Suica使用前にオートチャージ手続きを済ませておけば電車に乗るときに駅の券売機に並んで現金からチャージしたり、不意の残高不足で止められたりする心配がありません。

 

もちろん電車だけではなく、Suicaは一般の電子マネーとしてショッピングなどにも大活躍です。電子マネーも交通系カードも現在様々な種類のものがあり、それぞれ違った特徴を持っているのですが、ともに強力な電子マネー機能とクレジットカード機能を併せ持つこのJALカード(Suica)があれば、何枚もカードを持つ必要も無く、1枚に集約することも可能となっています。

 

高速道路の利用時に現在は当たり前となったETCカードですが、このJALカード(Suica)でももちろん発行することができます。ただし年会費が多少あがります。しかしJALマイル機能をもったカードであるこのカードの場合、高速道路の利用料金にも当然マイルが貯まっていきます。高速道路料金も決して安いものではないため、高速利用が多い人であれば年会費の差額は貯まったマイルで賄うことも可能です。

 

このJALカード(Suica)は一般カードとなりますが、もちろん上のランクとしてゴールドカードも用意されています。通常ゴールドカードへのランクアップにはカード会社からの招待(インビテーション)を要することが多いのですが、このカードはなんとそれが不要なのです。一定の条件を満たしている方でゴールドカードを希望する方であれば、どなたでもゴールドカードの所有者になれるのです。なるべく時間をかけずにゴールドカードをを持ちたいと思っている方にも検討の価値がありますね。

 

ビューサンクスポイント(JR東日本)とJALマイル(JAL)が両方貯まる!ダブルでお得なカード!

このJALカード(Suica)はJR東日本のビューカードのポイントシステムであるビューサンクスポイント機能を搭載しています。これはJR東日本のびゅうプラザやみどりの窓口などの有人窓口、クレジット決済に対応した自動券売機で切符や定期を購入したり、SuicaおよびモバイルSuicaへのチャージ(クレジットカードからのチャージに限る)などをおこなった場合は、1,000円につき6ポイント(15円相当、マイル換算だと10マイルに相当)と多くのポイントが加算されます。これは他のビューカードの一般利用時の3倍のポイントに相当しますので、交通に強いカードならではですね。

 

一般加盟店でのショッピングなどのご利用分については、JALマイル(JMBマイル)の対象となり、ご利用金額に応じてマイルが貯まっていきます。ここがこのカードの唯一特別な機能なのですが、このJALカード(Suica)は貯めたマイルをSuicaに交換することができるのです。現在他にこのようなカードはありませんからいかにお得か納得できますね。つまり貯めたマイルは普通に飛行機に使うこともできますし、JRのほかSuicaが共用できる首都圏の私鉄や地下鉄、バスなどにも使うことができる大変使い勝手の良いカードになっています。

 

JALカード(Suica)の特長

普通カードの場合は初年度の年会費が無料!
豊富なJALカード特典でJALマイルがどんどん貯まる!
ビューサンクスポイントとJALマイルを両方貯めれる!貯めたマイルを相互にポイントへ交換できる!

 

JALカード(Suica)会員限定の「Suica特典」

貯まったビューサンクスポイントは、カードのSuica部分にチャージしたり、グリーン車の利用券やびゅう商品券への引き替えをすることができるのですが、このカードだけの特典として、最低600ポイントから、600ポイント単位でJALマイルへ交換することができます。これができるのはJALカード(Suica)だけです。

 

もっとマイルを貯めたい人に!JALカードツアープレミアム

JALカードの機能として、JALカードツアープレミアムというものがあり、このサービスに登録してJALグループ航空会社便に対象割引運賃で搭乗すれば、通常もらえるフライトマイルとは別にツアープレミアムボーナスマイルという特別マイルが加算されます。割引き運賃で搭乗しながら通常運賃で搭乗したのと同等のマイル、すなわち合わせて区間基本マイルの100%のマイルを貯めることができます。こちらの年会費2,100円となっています。

 

その上、ツアープレミアムボーナスマイルに加えて、「ご搭乗ごとのボーナスマイル」というものがあり、搭乗ごとに区間マイルの10%または25%が加算されますから、このカードでツアープレミアムボーナスに登録して対象便に搭乗した場合もらえるフライトマイルの合計は以下のようになります。

 

「普通のJALカードおよびJAL naviカード会員」は区間マイルの110%となり、「CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナース・JALプラチナカード会員」の場合は区間マイルの125%となります

 

飛行機利用が多いマイラーの方にはやはりJAL純正カードですね。

 

外資系の航空海外社が提供しているマイレージサービス(Frequent flyer program=FFPといいます)に目を向けてみると、格安航空券の利用についても区間マイルが100%対象になるサービスも見ることができます。

 

これに対してJALの場合JAL正規の割引運賃で区間の30%から70%が対象となり、格安航空券の利用についてはなんと区間の50%という大変低い率でしか算入されないため、素のままのJALマイレージバンク(JMB)は大きな弱点を抱えています。

 

しかし、JAL純正クレジットカードを持ち「JALカード・ツアープレミアム」に登録してしまえば、ほぼ全ての搭乗ケースにおいて区間100%のマイルが算入されるようになるため、この弱点をカバーすることができるため、JALカードの会員の方、これから入ろうと思っている方には見逃せないお得感の高いサービスです。

 

公式サイトへ行く(ネット申込みできます)


このページの先頭へ戻る