復活型の『NICOSカード』

■復刻版NICOSプロパーカード
NICOSカードは、現在は三菱UFJニコスがメインに発行していますが、前身は「信販カード」で、1966年に当時の信販業界では国内最大手の日本信用販売株式会社により発行されました。
現在に至るまで、何度も変更・改正を繰り返す中で、1991年に「NICOSカード」という名称に落ち着きました。

 

三菱UFJニコスは、殆どのカードサービスをMUFGカードに切り替える為に、NICOSプロパーカードの新規募集を一度終了しています。
しかし、更なる改正を経て2012年5月に「NICOS一般カード」として、新規申し込みの受付を再開しました。

 

このNICOSプロパーカードは、機能とサービス面で非常に充実しているのが特徴で、初年度年会費無料サービスに加え、ポイントプログラムや海外アシスタンス・付帯保険・ネットセキュリティも強化されています。

 

ちなみに「国内線用カード」に関しては、2010年以降新規発行は見合わせています。

NICOSカード比較・取扱一覧ページ -おすすめクレジットカード比較【最新版】記事一覧

人気を博したカードが再登場NICOSから出ていた、VIASOカードをご存知でしょうか。ポイントのメリットがとても高いということで、かなりの人気だったカードです。しかし、このVIASOカードは、2009年に新規募集を一度終了していたのです。というのも、このVIASOカード、ポイント優待がよすぎるということが理由で、募集を一旦終了したのだというふうに、いわれています。しかしこのVIASOカードが、20...

このページの先頭へ戻る