チャージ要らずでさっとスマートに支払い完了!オリコカードUPty QUICPay Speedy

電子マネーとしても使える一石二鳥のカード

 

オリコカードのリボ払い専用のクレジットカード「UPty QUICPay Speedy」をご存知でしょうか。このカードは業界でも最高水準を誇るポイントサービスが大きな特徴と言えるカードです。カードデザインは思わず誰かに見せたくなるスマートな縦型のデザイン。

 

特徴としては以下に複数列挙しますが、カード利用頻度に伴って加算率が上がるのがこのカードの大きな特徴。最大2倍のポイントになるというところは要チェックです。また、チャージ不要の電子マネー「iD」がカードに搭載されており、クレジットカードとしての機能だけではなく、電子マネーカードとしても使える、一石二鳥のカードなのです。

 

年会費無料でETCカードも家族カード無料

オリコカードUPtyは年会費無料で、ETCカード、家族カードすらも全て年会費が無料です。また電子マネー「iD」が搭載されているので、お買い物の際の電子マネーカードとしても利用可能です。オリコカードは「Upty」の名称があるものはリボ払い専用のカードです。

 

リボ払い専用なのに金利手数料がかからない一括払い可能

オリコカードUPtyのカードはリボ払い専用ですので、月々の支払金額を低設定にしておけばかなり余裕が出ます。しかしこういった使用方法だとリボ払い手数料が発生します。

 

どうしてもリボ払いをしたくなくて一括払いにしたい場合には、「限度額までリボ払い設定」をすることです。限度額が20万円なら、リボ払いの設定を20万円にしておくのです。つまり、15万円使ってもリボ払いの設定は20万円になっているので、一括で返済することになります。この場合は手数料はかかりません。

 

電子マネー搭載により、少額の買い物でポイントを貯める

オリコカードUPtyは「iD」という電子マネーが搭載されているので、「QUICPay」という機能を使用すると、暗証番号の入力などが省略され、大変スピーディーに決済することができます。これらのメリットとしては、チャージする必要がないことです。お金は全て後払い式なので、その場でカードをかざすだけで買い物ができてしまいます。また、コンビニで使ったり自動販売機で使ったりしてもポイントは発生します。なぜならオリコカードUPtyの利用金額と一緒に請求されるので、ポイントも貯まりやすくなります。

 

年間利用実績で還元率が上昇

オリコカードUptyのポイントは1,000円の利用ごとに1ポイントです。なので還元率は0.5%ですが、翌年度以降は前年度のりよう金額に応じて、還元率が上がっていくのです。(2010年11月14日より1100ポイント:5,000円の商品券となり、100ポイントプラスされることとなりました。4,000ポイント:20,000円の交換時には以前と同様のレートで交換が可能となっています。)

 

例えば、前年度のりよう実績が50万円の場合は50%アップし、0.5×1.5倍=翌年度は0.75%の還元率になります。交換商品によっては還元率が一部異なる場合もあるのでご注意ください。

 

オリコ会員専用オリコモール経由でポイントを効率的に貯める

オリコカードUptyの還元率は初年度0.5%ですが、オリコモール(会員専用のネットショッピング)なら最大20倍のポイントが付きます。なので上手に利用すれば初年度から10%を達成することもできます。

 

このオリコモールにはYahoo!ショッピング(ポイント2倍)、Amazon(ポイント2倍)の加盟が非常に強いです。ニッセン、ユニクロ、DELL、無印良品といった有名大手企業がオリコモールに参入しているので、自分なりの商品を見つけ、ネットショッピングをしながらポイントを効率的に貯めることを考えることができるのも、オリコカードUptyの大きな特徴と言えるでしょう。

 

月々の支払額を一定に

オリコカードUptyは年間200万円の利用で翌年度は還元率1.00%となるため、積極的に使っていきたいカードです。月々8万円を超える範囲の支払いをオリコカードUptyで支払えば年間100万円の利用でも0.85%の還元率となります。

 

支払い方法を実質一括払いにする方法の箇所でもご説明したように、限度額いっぱいまでリボ払いの返済額設定にしておけば、その範囲内であればどれだけ使っても手数料はかからずに一括払いになります。

 

公式サイトへ行く(ネット申込みできます)

UPty QUICPay Speedyでさっそうとスマートにお買い物を楽しもう -おすすめクレジットカード比較【最新版】関連ページ

オリコ スタンダードカード
UPty iD iLIVE
UPty iD Swee

このページの先頭へ戻る