Pontaポイントもザクザク貯まる、JMBローソンPontaカードVisa

ローソンをよく使う人にぴったり

 

誰でも利用が気軽にできるPontaポイントを貯めることができるJMBローソンPontaカードVisaは提携するお店の数がなんと二万店舗にもおよび、Pontaポイントの会員数も5,000万人も超えることから充実したサービスを提供してもらえます。まさに日本最大級のポイントサービスをお得に利用ができるということですね。

 

このカードではPontaポイントを取得できるだけでなくJALの航空機を利用することでマイルを取得することが可能です。Pontaポイントでも2ポイントで1マイルに換算してもらうことが可能ですので、日ごろの買い物でもマイルを取得することができるわけです。JALがメインで利用する航空機の方には注目すべきサービスですよね。

 

なんと年会費は永年無料!

JMBローソンPontaカードVisaの年会費は永久無料です。Pontaポイントが魅力的といっても、年会費がかかるのでは得しているのかどうか怪しくなってきますが、無料であることで非常に気楽にポイントを貯めていくのを楽しむことができます。

 

Pontaポイントは100円もしくは200円の利用で1か2ポイント貯まる

JMBローソンPontaカードVisaで買い物をすると100円で1ポイント、もしくは200円で2ポイントを取得することができます。その取得したポイントは1ポイントで1円換算で利用することが可能です。

 

ローソンで取得したポイントをGEOでのレンタルDVDの利用料金にあてることもできますし、HISで旅行代金を支払った後に、そのポイントで昭和シェルのガソリンスタンドで給油するときに利用することも可能なのです。このように他業種にわたって相互に利用できることがPontaポイントの魅力であるといえます。幅広い選択肢の中から自分で使いたいところを選んで集中して利用できる、貯めるのはどのサービスからでも可能という共通ポイントならではのメリットがあると言えますね。

 

またローソン独自の特典として、来店ポイントというのがあります。来店してレジで生産するだけで自動的に1ポイント付与されるというもので、例えば1,000円の買い物をした際は通常の10ポイント以外に1ポイント来店ポイントとして追加されるということなのです。毎日ローソンを利用する人ならば金額に関わらず、365ポイント取得できるというわけで非常にお得ですよね。

 

さらに貯めたポイントを有効活用する手段としてLoppiからお試し引換券をダウンロードして利用するというものもあります。ローソンの店頭に設置してあるマルチメディア端末である「Loppi」ではお試し引換券を発行できます。これは新発売の商品などを小さなポイントでお試し感覚で引きかえれるクーポンを発行してくれるというもので30ポイントでスナック菓子、40ポイントで500mlのペットボトル飲料と交換ができると大変お得です。以上からこのカードはローソンのみが利用対象であっても活躍する一枚だといえます。

 

なおPontaポイント提携先以外での利用でも国内・海外での利用を問わず請求時に1,000円ごとに5ポイント取得できます。つまり提携店舗の利用では、支払い時のポイントと請求時のポイントをダブルで取得できるのです。

 

さらに、ローソン利用の際に電子マネー楽天Edyのポイント指定をPontaポイントに登録し、楽天Edyにこのカードでチャージすれば、請求時のポイントに加えて支払い時に200円につき1ポイントが貯まります。少し複雑にはなりますが、この方法を使えばローソンのお買い物ポイントと来店ポイントを併せて4重取りとなります。

 

またセゾンカードの特典である毎月5・20日の西友・リヴィン・サニーでのお買い物で5%割引も適応対象ですので西友の店舗を多く利用する方もお得になります。

 

補償やサービスも充実している

JMBローソンPontaカードVisaにはほかのクレジットカードにありがちな旅行傷害保険やショッピング保険は付帯していませんが、セゾンカード会員が利用できる「Super Value Plus」を使用できます。これは月々300円からいろいろな自分にあった補償を全部で12プランの中から選んで適応できるもので、空き巣の際に100万円まで被害を補償するお留守番安心プランやカード購入したものが壊れたりした場合に年間最高100万円まで補償してくれるお買物安心プランといったものがあります。

 

公式サイトへ行く(ネット申込みできます)


このページの先頭へ戻る