三井住友VISAゴールドカードを申し込む前のチェックポイント

クレジットカードを利用している方なら、1度はゴールドカードを持ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。ゴールドカードは主に所持していることでのステイタス感が大きい、というイメージがありますが、実際に他のカードにはないメリットがたくさんあるんです。

 

中でも有名なのは空港のラウンジサービス。通常は有料でしか使うことのできないラウンジを、ゴールドカードを持っていれば無料で利用することができます。これだけでも、空港をよく使うという方はゴールドカードを持つ価値があると思いますが、他にもゴールドカード専用のツアーデスクや、手厚い補償の数々など、ゴールドカードならではのサービスが多数。ここでは、VISAゴールドカードが欲しいと思っている方からゴールドカードってどんなものなのか知りたいという方まで参考にしていただけるよう、三井住友VISAゴールドカードのメリットを中心にまとめてみました。

公式サイトへ行く(ネット申込みできます)

 

手厚い各種保険の付帯で海外でも安心、ラウンジ利用も無料

ゴールドカードと普通のカードで大きく違ってくるサービスの1つが保険です。保険の種類をあげればたくさんありますが、もしカードが盗まれたときや、国内、海外問わず旅行中に怪我をしたときなどに、十分な補償が受けられると考えていただけばいいと思います。もちろん保険料が別途かかるようなことはなく、カードの年会費内でまかなわれています。今まで旅行や出張のたびに、保険の契約をしていたというあ方であれば、三井住友VISAゴールドカードを持っていたほうがずっと楽になることは間違いありません。

 

さらに前出のように、空港のラウンジを無料で使用することができます。ネットの使える場所が限られている空港で、ラウンジが使えるということは、気持ち的にも、仕事の上でもプラスになることでしょう。

 

ゴールドカードだけあって年会費はそれなり、でもメリットは大きい

最近では、年会費無料のクレジットカードも多数あります。クレジットカードに会費を払いたくない、という方は、年会費がある程度発生する三井住友VISAゴールドカードはちょっと厳しいかもしれません。

 

けれども考えてみれば、年会費を払うことで憬れのゴールドカードが持てる、ということでもあるのです。入会初年度の年会費は無料ですし、2年目以降の条件を満たしていれば、最大で4200円まで割引になります。もちろん、有料のラウンジをいつも使っていた、掛け捨ての旅行保険に入っていた、という方なら年会費1万円でも元がとれるはずですね。

 

ポイントが効率よくためられる

前年度の利用額に応じてもらえる「ボーナスポイント」は、通常のカードの2倍です。年間なら50万円以上使う方がほとんどだと思いますが、50万円の最低ラインでも、三井住友VISAゴールドカードなら100ポイントがもらえますが、通常のカードなら50ポイントです。

 

電子マネー、おサイフケータイにも対応

チャージ不要で電子マネーが使える、三井住友カードiDを申し込むことができます。おサイフケータイなら携帯を、もしくはカードをかざすだけで、対応店舗で簡単にショッピング可能です。

 

顔写真入りのカードでこれ以上ない安心を

クレジットカードでやはり心配なのは、セキュリティです。補償はついていても、落としてしまったときにもし使われてしまったら、なんて不安はつきものだと思います。特に、お子さんに家族カードを持たせるときには心配ですね。

 

三井住友VISAゴールドカードであれば、年会費はそのままで、顔写真入りのカードにすることもできます。ただし、ネットからの申し込みだけでは顔写真入りカードはつくれませんから、申し込み後に写真取替申込書で手続きを行なってください。

 

公式サイトへ行く(ネット申込みできます)


このページの先頭へ戻る