20代から本物の価値を知りたいなら、三井住友VISAプライムゴールドカード

あらゆるジャンルでトップクラスのゴールドカード―『三井住友VISAプライムゴールドカード』

 

まず、ざっくりと『三井住友VISAプライムゴールドカード』についてご説明しましょう。このカードは若者、特に20代向けのゴールドカードのうちで、年会費やステイタス、便利さなどのあらゆるジャンルにおいて最も人気を持つゴールドカードです。

 

「三井住友VISAカード」は日本で流通するクレジットカードの一つであり、その「三井住友VISAカード」のゴールドカードなので、ステイタスや信頼ともに非常に高いレベルのクレジットカードであるといえます。

 

一言で言うと、「持つことに喜びを感じるクレジットカード」です。

 

ゴールドカードを手にするための最短距離の道

『三井住友VISAプライムゴールドカード』は年齢制限がかけられたカードです(満20歳〜30歳未満まで)。
そのため、例えば満30歳の時点でこのゴールドカードに自動的に更新できることは、ゴールドカードへの最短の道であると言えます。

 

さらにゴールドカードに更新する際には、以下の特典が付与されます。
・「更新によるボーナス」(500ポイント)
・「プレミアムグルメクーポン」(全国の主要都市にある一流レストラン30軒において一名分の利用が無料になるクーポンがもらえます。

 

 

一般的には、ヤングゴールドカードの場合、通常のゴールドカードと差別化するためにゴールドカードでは必須である特典が削減されることが多々あります。

 

・国内主要空港のラウンジ利用
・ゴールドデスク利用
・ハーツレンタカーメンバー年会費が永年無料(5000円→0円)
・ドクターコール24の利用(健康・急病などの無料電話相談/24時間対応)
・国内外の旅行傷害保険(最高5,000万円)
・ショッピング保険(300万円)

 

などがあります。
満30歳になると自動的に『三井住友VISAゴールドカード』に更新されるため、ゴールドカード所持・利用者としての生活を前もって体験することで、VIP会員「らしい」身のこなし、慣習が身につくようにするための配慮かもしれません。

 

三井住友VISAプライムゴールドカードを持つとどんな風に得できる?

先に述べたこと以外にも以下に上げたような様々な特典が付与されるんです!

 

ショッピングでポイントUP

専用モールにおいて、『三井住友VISAプライムゴールドカード』を利用してお買いものすればポイントが2倍に。楽天やアマゾン、ヤフー等のメジャーなモールもあるのでポイントも貯めやすいですね。

 

電子マネー対応

コンビニエンスストアなどでの少額決済を行った場合でもポイントが貯まりやすい。

 

家族カードも

1人目は無料!2人目からも1,050円で!

 

一つ目の「ショッピングでポイントUP」がネットショッピングをする方にとっては特に、ポイントを貯めるという面では非常に重要です。
ネットショッピングをする際に良く利用するであろう大手のネットショップ内でカードを利用するだけでポイントが2倍になるんですから。

 

二つ目の「電子マネー対応」も、細かいお金がないときにはカードを出すだけなので、ついつい使ってしまう機能ですね。
さらに、チャージする必要もなし!なぜなら、ご利用分の金額はショッピング利用としてまとめて落ちます。
さらにさらに、この電子マネーiDでのご利用分もしっかりポイントが貯まるんです。

 

こうした日常生活でポイントをゲットしていくことは案外大切です。ちりも積もればなんとやら、ですからね。

 

ゴールドカードって特典はいいけど年会費が・・・

あらためて申し上げますが、『三井住友VISAプライムゴールドカード』は若者向けのゴールドカードです。

 

それゆえに、通常10,500円の年会費がかかるゴールドカードと同等の特典・サービスを提供していますが、この『三井住友VISAプライムゴールドカード』の年会費は驚くなかれ、通常の半額!5,250円なんです。

 

さらに、web明細などのサービス利用によって、最大1,575円までに年会費減額が可能です。

 

まとめてみると、
・年会費は5,250円(初年度無料)
・web明細にすると年会費4,200円に
・マイ・ペイすリボ設定で年会費2,625円
・web明細&マイ・ペイすリボ設定でなんと年会費1,575円!

 

また、 初年度の年会費は無料です。
web明細サービス&マイ・ペイすリボを設定することで5250円の年会費が1,575円になるんです!

 

この金額は、他に流通するヤングゴールドカードと比べて最安値水準になります。
特典の付帯保険、空港ラウンジの利用などのサービスをみると、ヤングゴールドカードとは違う、まさに究極のゴールドカードです。

 

マイ・ペイすリボに関しては、「リボ払いの金利が損では?」
という意見もあるかもしれませんが、リボ払いになる金額を設定できるため、設定額をカード利用限度額にすることで利用限度額内であれば1回払いになり、リボ払いにはならないのです。

 

 

とにもかくにも、初年度の年会費は無料ですので、まずは利用してみて、ゴールドカードの魅力を体感してください。

 

三井住友VISAプライムゴールドカードを手にするための審査基準は?

『三井住友VISAプライムゴールドカード』は魅力的だけど、やっぱりゴールドカードって審査基準のハードル高そう。

 

という意見もあるかもしれませんね。しかしご安心を。ヤングゴールドカードなので、通常のゴールドカードに比べてハードルは低めに設定してあります。

 

・原則、満20歳以上30歳未満であり、ご本人に安定継続収入のある方
一般的な社会人として活動されているのであれば、心配ないですよね。

 

とにもかくにも、初年度の年会費は無料です。まずはお試しを。使って魅力を体験してみられてはいかがでしょうか。実際に持つことでその魅力を実感することができます。

 

公式サイトへ行く(ネット申込みできます)


このページの先頭へ戻る